認知症の人の在宅ケアを考える

認知症の人の在宅ケアの実態や課題、地域での取り組みなどを紹介します。
また、在宅ケアを積極的に行っている施設を取材し、具体的なアプローチやユニークな取り組みも紹介します。

はじめに

監修

繁田 雅弘先生
(東京慈恵会医科大学 精神医学講座 教授)

大谷 道輝先生
(杏雲堂病院 診療技術部 部長)

泉 キヨ子先生
(帝京科学大学 医療科学部看護学科 学科長)

田中 博子先生
(帝京科学大学 医療科学部看護学科 准教授)

生活習慣病で診療を受ける患者が増加していますが、医療の進歩に伴い在院日数は短縮しており、治療が終わった患者は在宅医療へと移行しています。

  • 在宅ケアの現状
  • 問題点
  • 連携の重要性

アルツハイマー型認知症は薬物療法によって進行を遅らせることができるといわれていますが、徐々に認知機能は低下し、軽度~中等度~高度へと年単位で緩やかに進行していきます。

たかせクリニック 理事長 髙瀬 義昌先生

たかせクリニックは、認知症の在宅ケアと高齢者医療を二本柱に、複数の医師と協力して、総合的かつ専門的な医療を提供しています。

デイサービス とらい・あす 管理者 白坂 誉子先生

とらい・あすは、地域密着型通所介護事業所です。利用できる方は千葉県佐倉市在住で、要支援あるいは要介護認定を受けた方です。

アルメディアWEB会員(無料)って?

会員登録いただくと、次の特典があります。

特典1:限定コンテンツが見られる!

ALMovie

専門家によるわかりやすい解説を動画で公開!

特典2:資料がダウンロードできる!

スキントラブル解決Q&A(要約版PDF)

特典3:メールニュースをお届け!

サンプルはこちら

ALMovie 専門家による解説を動画で紹介しています。