胃瘻(PEG)トラブルを防いで、的確な栄養管理を行う 在宅での胃瘻管理もふまえて 胃瘻(PEG)トラブルを防いで、的確な栄養管理を行う 在宅での胃瘻管理もふまえて

胃瘻(PEG)についてのきめ細かいサポート方法について、
トラブル対応を中心に解説します。
  • 栄養剤の正しい注入方法がわかる!
  • 胃瘻を造設された方のきめ細かいサポート方法がわかる!
編集・執筆
西山 順博
西山医院院長

2020年5月現在

一部会員限定
ページあり!

胃瘻(PEG)は栄養補給の1つのルートです。患者さんや利用者さんの栄養状態をきちんとアセスメントして、口から十分な栄養を摂取できない場合に、正しい選択のもとに造設して、正しく管理する必要があります。

一時、さまざまな理由から、PEGを必要以上に忌避するムードが生まれたことがありました。しかし、PEGは栄養補給の有効な手立ての1つであることに変わりはありません。

病院でも在宅でも、さまざまな施設でも、胃瘻を造設された方が、少しでも早く胃瘻生活(PEGライフ)に慣れていただくための、きめ細かいサポートの方法について、トラブル対応を中心に解説します。

胃瘻を造って、可能な限り、「口から食べる」ことを続けていただくことも、胃瘻ケアの醍醐味です。

アルメディアWEB会員(無料)って?

会員登録いただくと、次の特典があります。

●特典1:動画や実践のコツなどの「限定コンテンツ」が見られる!

●特典2:勉強会や指導・説明などで使用できる資料がダウンロードできる!

●特典3:ケアに関する情報をメールで受け取れる!

重要なお知らせ