Part1PEGについて簡単に理解しておこう

西山医院院長
西山 順博

2020年5月公開

2.胃瘻(いろう)カテーテルの種類

胃瘻カテーテルの種類は、ボタン型とチューブ型、バルーン型とバンパー型の組み合わせによって4種類に分けられます。それぞれの短所・長所を示しました(図2)。バルーン型は24時間経てば交換でき1~2か月ごとの交換、バンパー型は4~6か月ごとの交換が必要です。患者さんの状態はもとより、介護者の状況、療養場所などをふまえて、どのような胃瘻カテーテルが最も適切かを判断することが重要です。

図2胃瘻カテーテルの種類と長所・短所

バルーン型

  • ボタン型
[長所]
バルーン内の固定水を抜いて挿入・抜去するので交換が容易
目立たず動作の邪魔にならない
逆流防止機能がある
[短所]
バルーンの破裂、蒸留水が抜けることがあり、定期的な固定水の入れ換えが必要(製品により、週1回毎と1か月毎がある)
短期間で交換が必要
外部ストッパーの位置を変えることができない
投与時の栄養管との接続に慣れが必要
  • チューブ型
[長所]
バルーン内の固定水を抜いて挿入・抜去するので交換が容易
投与時の栄養管との接続が容易
外部ストッパーの位置を変えることが可能
[短所]
バルーンの破裂、蒸留水が抜けることがあり、定期的な固定水の入れ換えが必要(製品により、週1回毎と1か月毎がある)
短期間で交換が必要
露出したチューブが邪魔になり、外観が悪く、事故抜去しやすい
チューブ内の汚染が起きやすい

バンパー型

  • ボタン型
[長所]
カテーテルが抜けにくく、交換までの期間が長い
目立たず動作の邪魔にならない
逆流防止機能がある
[短所]
交換時に痛みがある
交換時に瘻孔損傷の危険がある
外部ストッパーの位置を変えることができない
投与時の栄養管との接続に慣れが必要
  • チューブ型
[長所]
カテーテルが抜けにくく、交換までの期間が長い
投与時の栄養管との接続が容易
外部ストッパーの位置を変えることが可能
[短所]
交換時に痛みがある
交換時に瘻孔損傷の危険がある
露出したチューブが邪魔になり、外観が悪く、事故抜去しやすい
チューブ内の汚染が起きやすい

アルメディアWEB会員(無料)って?

会員登録いただくと、次の特典があります。

●特典1:動画や実践のコツなどの「限定コンテンツ」が見られる!

●特典2:勉強会や指導・説明などで使用できる資料がダウンロードできる!

●特典3:ケアに関する情報をメールで受け取れる!