Part2栄養剤投与時のトラブルを防ぐ
:胃瘻(いろう)への
栄養ルート接続から注入まで

西山医院院長
西山 順博

2020年5月公開

2.逆流性誤嚥を防ぐために:胃内残量の確認、ベッドアップの角度、減圧

1)注入前に注意すること

注入前には、まず声かけを行い、口腔内の観察も怠ってはいけません。経腸栄養剤を注入することで刺激唾液の分泌も促進され、唾液量が増加します。経口摂取しなくても、食事前の口腔内ケアが必要です。

アルメディアWEB会員(無料)って?

会員登録いただくと、次の特典があります。

●特典1:動画や実践のコツなどの「限定コンテンツ」が見られる!

●特典2:勉強会や指導・説明などで使用できる資料がダウンロードできる!

●特典3:ケアに関する情報をメールで受け取れる!