ヒントや気付きが得られる実践ケアの情報サイト

Part3車椅子への誤解(×)と“新常識”(○)

株式会社アクセスプランニング
チーフコンサルタント / シーティング・スペシャリスト
山崎泰広

  • 本コンテンツ内の症例写真はご本人・ご家族の同意を得て使用しています。
    無断使用・無断転載は固くお断りいたします。

2021年6月公開

ここでは、車椅子患者さんに対して抱きがちな“誤解”と、これからの“新常識”を紹介します。日本ではまだ馴染みのない人も多いと思いますが、これらはシーティングを活用している欧米の国々では常識です。これらをぜひ理解していただき、適切なシーティングにつなげていただければと思います。

×車椅子には2時間までしか乗せてはならない。
×車椅子に乗せたら褥瘡になる。だからベッドに寝かせておく。
×車椅子に乗せたら転倒・転落をまねく。しかしベルトは抑制帯だから使用しない・できない。
×食事・読書・テレビを見るときは、車椅子に乗せるよりもベッドでギャッチアップしたほうがよい。
×ベッドに寝かせておいたほうが安静で安心。
×車椅子に乗せてもまたすぐにベッドに戻さなければならないから、移乗が大変。

アルメディアWEB会員(無料)って?

会員登録いただくと、次の特典があります。

●特典1:動画や実践のコツなどの「限定コンテンツ」が見られる!

●特典2:勉強会や指導・説明などで使用できる資料がダウンロードできる!

●特典3:ケアに関する情報をメールで受け取れる!