マキシマルバリアプリコーション

読み方:マキシマルバリアプリコーション

English:maximal barrier precaution

中心静脈カテーテル挿入時に、医師がキャップ・マスク、滅菌ガウン、滅菌手袋、大型滅菌全身用ドレープを用いて無菌操作で施行し、患者を細菌感染などから守ること。

医療・ケア用語集トップに戻る

アルメディアWEB会員(無料)って?

会員登録いただくと、次の特典があります。

●特典1:動画や実践のコツなどの「限定コンテンツ」が見られる!

●特典2:勉強会や指導・説明などで使用できる資料がダウンロードできる!

●特典3:ケアに関する情報をメールで受け取れる!