ガイドラインに基づく まるわかり褥瘡ケアガイドラインに基づく まるわかり褥瘡ケア

アルメディアWEB会員限定 ダウンロード数 第1位の「褥瘡を防ぐために一番大事な体圧管理」 要約資料(PDFファイル)ダウンロード アルメディアWEB会員限定 ダウンロード数 第1位の「褥瘡を防ぐために一番大事な体圧管理」 要約資料(PDFファイル)ダウンロード

Part1 褥瘡(じょくそう)はどうしてできる? どう治す?

褥瘡(じょくそう)って何? 発生のメカニズムは?

 褥瘡は、以前は「褥」と表記されていましたが、現在は「褥」の表記が一般的です。「創」は「キズ」を、「瘡」は「できもの」を意味します。褥瘡を単なる「創(キズ)」としないで、「瘡」と表記することになったのは、褥瘡の成り立ちに大きな意味があるからです。皆さんが目にしている褥瘡を見るとわかるように、褥瘡はさまざまな形態と状態で成り立っており、その病態は非常に複雑です(図1)。的確なアセスメントをして、科学的根拠に沿ったアプローチをしないと難治化してしまい、ときには生命に影響することもあります。

図1 さまざまな形態・状態(色・性状)の褥瘡

写真

壊死組織を伴う仙骨部褥瘡。滲出液が多く、創縁の浸軟と創周囲の発赤を伴う感染の状態。

写真

中央に黄色壊死を伴う仙骨部褥瘡。ぬめりを帯びた滲出液と浮腫状の肉芽組織を伴うクリティカルコロナイゼーションを示唆する状態。

写真

発生後間もない仙骨部褥瘡。一見浅い褥瘡に見えるが、創周囲の発赤や熱感を伴い、障害の深さが特定できない急性期褥瘡。

写真

尾側にポケットを伴う仙骨部褥瘡。

 日本褥瘡学会では、褥瘡を次のように定義しています(日本褥瘡学会,2005)。

「身体に加わった外力は骨と皮膚表層の間の軟部組織の血流を低下、あるいは停止させる。この状況が一定時間持続されると組織は不可逆的な阻血性障害に陥り褥瘡となる。」

 つまり、外力がかかることで骨によって圧迫された組織が障害された状態が褥瘡です(図2)。さらに、圧迫には垂直方向に圧縮する力だけでなく、「引っ張り応力」「せん断応力」といわれる圧力がかかっています。それらによって組織に「ずれ力」がはたらき、組織障害が助長されるのです(図3)。このことは後述します。

図2 局所における褥瘡発生の機序

図2 局所における褥瘡発生の機序

図3 圧迫によるいろいろな力

図3 圧迫によるいろいろな力

 褥瘡は、単なる阻血にとどまらず、4つの機序が複合的に関与するものと考えられています。それは、①阻血性障害、②再灌流障害、③リンパ系機能障害、④細胞・組織の機械的変形、の4つです(図4)。

 阻血性障害では、外力によって微小血管が閉塞して組織が阻血壊死に陥ります。そして、一度途絶した血流が再開通したときに、生体炎症反応が起こり、組織が障害される再灌流障害が起こります(図5)。

図4 褥瘡発生のメカニズム

図4 褥瘡発生のメカニズム

日本褥瘡学会編:褥瘡ガイドブック-第2版.照林社,東京,2015:18.より引用

図5  阻血性障害のメカニズム

図5 阻血性障害のメカニズム

切手俊彦:はじめての褥瘡ケア.照林社,東京,2013:7.より引用

「Part1 褥瘡はどうしてできる? どう治す?」の資料をダウンロード

会員登録(無料)をすると、各章の勉強会等で使える
便利な要約版資料がダウンロードできます。

関連情報:認知症の人の在宅ケアを考える【褥瘡】

ALMovie「医療用テープの正しい操作方法」