ガイドラインに基づく まるわかり褥瘡ケアガイドラインに基づく まるわかり褥瘡ケア

アルメディアWEB会員限定 ダウンロード数 第1位の「褥瘡を防ぐために一番大事な体圧管理」 要約資料(PDFファイル)ダウンロード アルメディアWEB会員限定 ダウンロード数 第1位の「褥瘡を防ぐために一番大事な体圧管理」 要約資料(PDFファイル)ダウンロード

Part6 褥瘡(じょくそう)治療・ケアのカギを握る
ドレッシング材・外用薬の使い方

これだけは知っておきたいドレッシング材の使い方

特集:褥瘡治療・ケアに有効な
ドレッシング材の基本と選び方

 ドレッシング材は「創における湿潤環境形成を目的とした近代的な創傷被覆材をいい、従来のガーゼは除く」と定義されています(日本褥瘡学会)。ドレッシング材には、創の湿潤環境を保持し治癒環境を整える機能があります。褥瘡の治癒過程に沿って、創の収縮や滲出液の減少に応じて適宜ドレッシング材を選択していくことが必要です。現在、わが国で薬事上認可されている皮膚欠損用創傷被覆材の医療機器分類を表1に示します。

 ドレッシング材には、次のような役割が期待されます。①創を保護する、②創面を閉鎖し、湿潤環境を形成する、③乾燥した創を湿潤させる、④滲出液を吸収し保持する、⑤感染をコントロールする、⑥疼痛を緩和する。それぞれの役割に応じたドレッシング材の種類と主な商品名を表2に挙げました。

表1 創傷被覆・保護材一覧(市販製品)

*本表では販売名で示したため商標登録マークは付けていない

※幅が広い表は横にスクロールできます
医療機器分類
(薬機法)
使用材料
(業界自主分類)
販売名 会社名
(製造販売元/販売元)
特徴 保険償還名称・価格
(診療報酬)
管理区分
(薬機法)
分類 一般的名称
外科
・整形外科用手術材料
粘着性透明創傷被覆・保護材 ポリウレタンフィルム オプサイトウンド

スミス・アンド・ネフュー

創傷部が治癒するための最適な環境を作り、疼痛を軽減

技術料に包括 管理医療機器
テガダーム トランスペアレント ドレッシング スリーエム ジャパン 片手で貼れるので、1人でも作業性が良いフィルムドレッシング
バイオクルーシブ エムビーエス/日本シグマックス 創傷面を保護し湿潤環境を保つフィルムドレッシング
パーミエイドS 日東電工/ニトムズ 湿潤環境を保ち、上皮再生を促進する透明フィルムドレッシング
キュティフィルムEX 新タック化成/スミス・アンド・ネフュー ウンド マネジメント 創傷部が治癒するための最適な環境を作る
非固着性創傷被覆・保護材 非固着成分コートガーゼ アダプティックドレッシング エムビーエス/日本シグマックス ガーゼが創傷部に貼りつかない非固着性ガーゼドレッシング 特定保険医療材料 【非固着性シリコンガーゼ】
広範囲熱傷用:1080円/枚
平坦部位用:142円/枚
凹凸部位用:309円/枚
トレックス 富士システムズ
ウルゴチュール 日東電工/ニトムズ しなやかにフィットして創面を湿潤に保つ非固着性ガーゼ
メピテル メンリッケヘルスケア 両面にセーフタック採用。オープンメッシュ構造で滲出液を管理
エスアイ・メッシュ アルケア メッシュ構造による非固着性と密着性で最適な創傷管理を実現
局所管理親水性ゲル化創傷被覆・保護材 親水性メンブラン ベスチキンW ニプロ キチンを和紙状に加工、創の保護、治癒の促進等を目的とする 【皮膚欠損用創傷被覆材:真皮に至る創傷用】
6円/cm2
親水性フォーム クラビオFGライト 光洋産業 高吸水性アルギン酸フォーム材、滲出液吸収して速やかにゲル化
局所管理ハイドロゲル創傷被覆・保護材 ハイドロコロイド デュオアクティブET コンバテック ジャパン 薄く半透明で、貼付下で創部の観察が可能、浅い創の治癒を促進
テガダーム ハイドロコロイド ライト スリーエム ジャパン 透明性があり創の観察が容易、楕円形型は経済性・作業性が良い
アブソキュアーサジカル 日東電工/ニトムズ 薄型タイプのハイドロコロイド・ドレッシング
レプリケア ET スミス・アンド・ネフュー 薄く、滑りが良いのでズレによる剥がれを軽減
ハイドロジェル ビューゲル ニチバン/大鵬薬品工業 水分80%で湿潤環境維持。透明で創面観察が容易。溶解しない
局所管理フォーム状創傷被覆・保護材 ポリウレタンフォーム ハイドロサイト 薄型 スミス・アンド・ネフュー 密着性・追随性に優れた自着性フォームドレッシング
テガダーム フォーム アドヒーシブ ドレッシング スリーエム ジャパン しなやかで柔らかいフォーム、固定用フィルムドレッシング一体型
メピレックス ライト メンリッケヘルスケア セーフタック採用。脆弱皮膚にもやさしく密着し剥離時の痛み軽減
メピレックスボーダー ライト セーフタック採用。高い吸収力。薄く高い追従性
キュティメド シルテックL テルモ・ビーエスエヌ 上部に高吸収粒子を配置したポリウレタンフォーム材
抗菌性創傷被覆・保護材 親水性ファイバー アクアセルAg BURN コンバテック ジャパン アクアセルAgをナイロン糸で強化。熱傷処置に適したサイズ展開 高度管理医用機器

 

二次治癒ハイドロゲル創傷被覆・保護材 ハイドロコロイド コムフィール コロプラスト 柔軟性と伸縮性が高く、周囲辺縁に向かって薄く成形されている 【皮膚欠損用創傷被覆材:皮下組織に至る創傷用】
標準型:10円/cm2
異形型:35円/g
デュオアクティブ コンバテック ジャパン 創を密閉して湿潤環境を保ち血管新生・肉芽増殖、上皮形成を促進
デュオアクティブ CGF 交換時にゲルが残りにくい。柔軟性に優れ様々な部位に貼付可能
アブソキュアーウンド 日東電工/ニトムズ 薄型タイプのハイドロコロイド・ドレッシング
テガダーム ハイドロコロイド スリーエム ジャパン 透明性があり創の観察が容易、楕円形型は経済性・作業性が良い
レプリケア ウルトラ スミス・アンド・ネフュー 薄く、滑りが良いのでズレによる剥がれを軽減
ハイドロジェル イントラサイト ジェル システム 壊死組織の自己融解、肉芽形成、および上皮化を促進
グラニュゲル コンバテック ジャパン 壊死組織を融解し、肉芽形成・上皮化を促進
二次治癒親水性ゲル化創傷被覆・保護材 親水性メンブラン ベスキチンW-A ニプロ キチンをフリース状に加工、創の保護、治癒の促進等を目的とする
親水性フォーム クラビオFG 光洋産業/スリーエム ジャパン 高吸水性アルギン酸フォーム材、滲出液吸収して速やかにゲル化
親水性ファイバー ソーブサン アルケア 柔らかなアルギン酸不織布状が最適な湿潤環境を創る
アルゴダーム トリオニック スミス・アンド・ネフュー 繊維構造がしっかりとしているため、適切な湿潤環境を保つ
デュラファイバー 吸収した滲出液と細菌を閉じ込める繊維性ドレッシング材
カルトスタット コンバテック ジャパン 止血促進とともに優れた滲出液吸収で治癒に適した湿潤環境を提供
アクアセル 滲出液を吸収・細菌を封じ込め、創の湿潤環境保持、逆戻りを防ぐ
アクアセル フォーム アクアセル・フォーム層で高滲出液吸収を実現。粘着層はシリコン
バーシバ XC アクアセルとハイドロコロイドの併用で、最適な湿潤環境を維持
二次治癒フォーム状創傷被覆・保護材 ポリウレタンフォーム ティエール エムビーエス/日本シグマックス 過剰な滲出液を蒸散させ、適度な湿潤環境を保持する創傷被覆材
テガダーム フォーム ドレッシング スリーエム ジャパン しなやかで柔らかいフォームは、屈曲部にもなじみやすい
バイアテン コロプラスト 柔軟性が高く、周囲辺縁に向かって薄く成形されている
バイアテン シリコーン 柔軟性が高く、ボーダー部粘着材にシリコーンゲルを使用している
ハイドロサイト プラス スミス・アンド・ネフュー 自由にカットして使用できる非粘着タイプのハイドロサイト
ハイドロサイト AD プラス 創部への被覆が容易でしっかり粘着タイプのハイドロサイト
ハイドロサイト AD ジェントル 肌に優しいシリコーン粘着タイプのハイドロサイト
ハイドロサイト ライフ 患者の声をもとに開発をし、交換目安もついたハイドロサイト
メピレックス メンリッケヘルスケア セーフタック採用。やわらかく高い追従性。脆弱皮膚にもやさしい
メピレックス ボーダーⅡ セーフタック採用。5層構造。高い吸収性。疼痛や組織損傷を軽減
ウルゴチュール アブソーブ 日東電工/ニトムズ 微粘着性・高吸収性ポリウレタンフォーム(テープ無タイプ)
ウルゴチュール アブソーブ ボーダー 微粘着性・高吸収性ポリウレタンフォーム(シリコーンテープ)
抗菌性創傷被覆・保護材

親水性ファイバー

アクアセルAg コンバテック ジャパン アクアセルに抗菌効果をプラス。柔軟性があり、深い創にも密着
アクアセルAg 強化型 アクアセルに抗菌効果をプラス。リボン状
アクアセルAg Extra アクアセルAgにさらなる吸収力と強度をプラス
アクアセルAg フォーム アクアセルフォームに銀イオンの抗菌効果をプラス
アルジサイト Ag スミス・アンド・ネフュー アルギン酸ドレッシングに、銀による抗菌効果が加わった

ポリウレタンフォーム

ハイドロサイト 銀 高い吸収力に銀の抗菌効果を加えたハイドロサイト
ハイドロサイト ジェントル 銀 シリコーン粘着のハイドロサイトに銀の抗菌効果を追加
メピレックス Ag メンリッケヘルスケア セーフタック採用。硫酸銀含有。即効性・持続性のある抗菌作用
ハイドロコロイド バイオヘッシブ Ag アルケア スルファジアジン銀による創傷面の衛生環境を向上
深部体腔創傷被覆・保護材 親水性フォーム ベスチキンF ニプロ キチンをスポンジ状に加工、創の保護、治癒の促進等を目的とする 【皮膚欠損用創傷被覆材:筋・骨に至る創傷用】
25円/cm2

親水性ビーズ

高分子ポリマー

デブリサン 佐藤製薬   【デキストラノマー】
145円/g
生体内移植機器 コラーゲン使用人工皮膚 コラーゲンスポンジ ペルナック グンゼ/スミス・アンド・ネフュー ウンド マネジメント 熱傷、外傷、手術等による重度皮膚欠損創の真皮構築に 【真皮欠損用グラフト】
453円/cm2
テルダーミス真皮欠損用グラフト オリンパス テルモ バイオマテリアル/アルケア 熱傷・外傷・手術創などの重度の皮膚・粘膜欠損修復用の材料
インテグラ真皮欠損用グラフト センチュリーメディカル 重度皮膚欠損創に使用可能、コンドロイチン6硫酸を架橋結合
日本医療機器テクノロジー協会 創傷被覆材部会作成(2015年6月30日改訂24版、令和元年8月19日厚生労働省告示第86号「特定保険医療材料及びその材料価格[材料価格基準]の一部を改正する件」を元に修正)

表2 役割に応じたドレッシング材の種類

※幅が広い表は横にスクロールできます
機能 種類 主な商品名
創面保護 ポリウレタンフィルム オプサイト®ウンド、3MTM テガダームTM トランスペアレント ドレッシング、パーミエイド®S
創面閉鎖と湿潤環境 ハイドロコロイド デュオアクティブ®、コムフィール®、アブソキュア®-ウンド
乾燥した創の湿潤 ハイドロジェル ビューゲル®、グラニュゲル®、イントラサイト ジェル システム
滲出液吸収性 ポリウレタンフォーム ハイドロサイト® プラス
アルギン酸/CMC アスキナ ソーブ
ポリウレタンフォーム/ソフトシリコン メピレックス® ボーダー
アルギン酸塩 カルトスタット®、ソーブサン
アルギン酸フォーム クラビオ®FG
キチン ベスキチン®W-A
ハイドロファイバー® アクアセル®、アクアセル®Ag
ハイドロファイバー®/ハイドロコロイド バーシバ®XC®
ハイドロポリマー ティエール®
感染抑制作用 銀含有ドレッシング材 アクアセル®Ag
アルジサイト銀
ハイドロサイト®
バイオヘッシブ® Ag
メピレックス®Ag
疼痛緩和 ハイドロコロイド デュオアクティブ®
ポリウレタンフォーム/ソフトシリコン ハイドロサイト®AD ジェントル、メピレックス® ボーダー
ハイドロファイバー® アクアセル®、アクアセル®Ag
ハイドロファイバー®/ハイドロコロイド バーシバ®XC®
キチン ベスキチン®W-A
ハイドロジェル グラニュゲル®
日本褥瘡学会:褥瘡ガイドブック-第2版.照林社,東京,2015:36.より引用

1.創保護に適したもの

①ポリウレタンフィルム

[商品名] オプサイト®ウンド、3MTMテガダームTM トランスペアレント ドレッシング、パーミエイド®S

 透明または半透明のポリウレタンフィルムに耐久性のある粘着剤を塗布したドレッシング材です。創部からの滲出液によって湿潤環境を保持し、治癒環境を整えます。DTIが考えられる褥瘡で、創面保護の目的で使用できます。

2.創面を閉鎖し、湿潤環境を形成するもの

①ハイドロコロイド

[商品名] デュオアクティブ®、コムフィール®、アブソキュア®-ウンド

 ハイドロコロイドは湿潤環境保持の効果が最も期待できるドレッシング材です。一般に、「粘着層」と「防水加工された外層」の2重構造になっています(図1)。粘着層は疎水性ポリマーと親水性ポリマーがブレンドされた物体です。疎水性ポリマーは粘着性を、親水性ポリマーは吸水性を有しています。そのため、閉鎖され湿潤した環境をつくることができます。滲出液は親水性ポリマーによって吸収されますが、過剰な滲出液を吸収する機能はありませんので、滲出液の多い創には適していません。

図1 ハイドロコロイドの構造

図1 ハイドロコロイドの構造

日本褥瘡学会:褥瘡ガイドブック-第2版.照林社,東京,2015:37.より引用

3.乾燥した創を湿潤させるもの

①ハイドロジェル

[商品名] ビューゲル®、グラニュゲル®、イントラサイト ジェル システム

 乾燥した壊死組織に覆われた創などに対して水分によって軟化させて自己融解を促す機能をもっています。親水部分をもつ不溶性のポリマーで、大部分は水で構成された透明あるいは半透明のジェル状のドレッシング材です(図2)。シート状のものは湿潤環境を維持するとともに速やかな冷却作用が認められるため疼痛や炎症の緩和も期待されます。チューブ入りのものは、デブリードマン効果、上皮形成の促進、また疼痛緩和作用も期待できます。

図2 ハイドロジェルの構造

図2 ハイドロジェルの構造

日本褥瘡学会:褥瘡ガイドブック-第2版.照林社,東京,2015:37.より引用

4.滲出液を吸収し保持するもの

①ポリウレタンフォーム

[商品名] ハイドロサイト®プラス、ハイドロサイト®ADプラス

②ハイドロポリマー

[商品名] ティエール®

 創内の余分な滲出液を貯留させないように、創面の滲出液を吸収する効果があります。ポリウレタンフォームの構造を図3に示しました。ハイドロポリマーは、中間層の不織布吸収シート、パッド部のハイドロポリマー吸収パッドによって滲出液を吸収します(4)。

図3 ポリウレタンフォームの構造

図3 ポリウレタンフォームの構造

日本褥瘡学会:褥瘡ガイドブック-第2版.照林社,東京,2015:40.より引用
(資料提供:スミス・アンド・ネフュー ウンド マネジメント)

図4 ハイドロポリマーの構造

図4 ハイドロポリマーの構造

日本褥瘡学会編:褥瘡ガイドブック-第2版.照林社,東京,2015:41.より引用

5.感染コントロールが期待できるもの

①銀含有ハイドロファイバー®

[商品名] アクアセル®Ag、アクアセル®Agフォーム

 創を湿潤環境に保持しながら、創底部には低濃度の銀イオンが放出されるものです。銀イオンには抗菌作用があります。細菌を含む滲出液を内部に留めて、創部への逆戻りをおさえます。

6.疼痛を緩和できるもの

②ポリウレタンフォーム/ソフトシリコン

[商品名] ハイドロサイト®ADジェントル、メピレックス®ボーダー

 ドレッシング材によって疼痛を除去することはできません。ただ、創面を適切な湿潤環境に保持することによって、疼痛緩和の効果が期待できます(5)。

図5 ポリウレタンフォーム/ソフトシリコン

図5 ポリウレタンフォーム/ソフトシリコン

日本褥瘡学会編:褥瘡ガイドブック-第2版.照林社,東京,2015:42.より引用(資料提供:メンリッケ ヘルスケア)

7.ドレッシング材選択のポイント

 ドレッシング材選択においては、いくつかの原則があります。

 一つは、ドレッシング材は原則的に「感染創には使用しない」ことです。感染創や感染リスクの高い時期には閉鎖性のドレッシング材は使用せず、感染コントロールを優先することが重要です。感染コントロールは表3のように行います。

表3 感染コントロールの原則

  1. ①排膿および滲出液のドレナージ
  2. ②壊死組織の除去
  3. ③創洗浄
  4. ④抗菌薬の使用

 もう一つは、「ドレッシング材の交換を適切に行う」ことです。ドレッシング材は、滲出液の量に応じて数日に一度、最長で1週間以内に交換します。ドレッシング材の交換を適切に行うことで、良好な湿潤環境が保持できます。交換の時期を逸しないためにも創の的確なアセスメントは常時必要です。

 こうした原則に基づいてドレッシング材を選択し、適切に使用していくことが大切です。

常に創を評価し、ガイドラインに沿って、DESIGN-R®の「大文字」を「小文字」にしていくような適切な使い方をマスターする必要があります。これについては、「DESIGN-R®に沿った外用薬とドレッシング材の使い方を理解しよう」の項で詳述します。

「Part6 褥瘡治療・ケアのカギを握るドレッシング材・外用薬の使い方」の資料をダウンロード

会員登録(無料)をすると、各章の勉強会等で使える便利な要約版資料がダウンロードできます。

ALMovie「予防的スキンケアのポイント」