現場でできる!摂食嚥下(えんげ)ケア 現場でできる!摂食嚥下(えんげ)ケア

摂食嚥下ケアにかかわる多職種が、
共通で持つことが望ましい幅広い知識が得られます。
  • これを読めば摂食嚥下ケアの基礎からわかる!
  • 具体的な訓練方法や介助方法が満載!
編集・執筆
三鬼達人
藤田医科大学病院
看護部 看護長(摂食・嚥下障害看護認定看護師)

2020年1月現在

一部会員限定
ページあり!

摂食嚥下障害患者へのかかわりは、医師、歯科医師、看護師、療法士、管理栄養士などの各専門職種が各職種独特の核となる知識や技術の範囲を超えて、幅広い共通の基本的知識や技術を有し、チームで対応していくことが望ましいとされます。

特に摂食嚥下リハビリテーション領域では、このようなチーム形態での取り組みが重要で、患者さんの食べたいという思いに寄り添い、それぞれの職種が職種間の壁を越え、そこに存在する職種が、できることをするといった気持ちを持ってかかわることが重要です。

本コンテンツでは、摂食嚥下リハビリテーションに関して、誤嚥の考え方、摂食嚥下ケアの基本、アセスメント方法、訓練方法について説明します。

アルメディアWEB会員(無料)って?

会員登録いただくと、次の特典があります。

●特典1:動画や実践のコツなどの「限定コンテンツ」が見られる!

●特典2:勉強会や指導・説明などで使用できる資料がダウンロードできる!

●特典3:ケアに関する情報をメールで受け取れる!

ALMovie「予防的スキンケアのポイント」