ニュース

2019/10/21

2年間で就業看護師は7万人増加、准看護師は2万人減少

厚生労働省より、「平成30年衛生行政報告例(就業医療関係者)の結果」が公表された。本報告書では、平成30年末における就業保健師・助産師・看護師・准看護師などのデータがまとめられているが、ここでは看護師と准看護師について紹介する。

平成30年末の看護師の数は121万8,606人(男性9万5,155人、女性112万3,451人)で、前回(平成28年)に比べ6万9,209人(6.0%)増加している。准看護師は30万4,479人(男性2万1,777人、女性28万2,702人)で、前回に比べ1万8,632 人(5.8%)減少している。

就業看護師等の年次推移(実人員)

※各年末現在

また、就業場所別に見てみると、看護師および准看護師は「病院」が最も多く、それぞれ86万3,402 人(70.9%)、11万6,434 人(38.2%)となっている。次いで「診療所」が多く、それぞれ15万5,986人(12.8%)、9万8,134人(32.2%)となっており、続く「介護保険施設等」では8万9,270人(7.3%)、7万604人(23.2%)という結果であった。准看護師は、「診療所」「介護保険施設等」の割合が高いことがわかる。

雇用形態別に見ると正規雇用が最も多く、看護師は100万1,542人(82.2%)で、准看護師は21万5,015人となっている(70.6%)。

年齢階級別では、看護師は「40~44歳」が18万3,793 人(15.1%)、准看護師は「55~59 歳」が5万262人(16.5%)と最も多くなっている。

年齢別・看護師・准看護師就業者数

※平成30年末現在

詳しくは、下記の厚生労働省Webサイト参照

https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/eisei/18/

アルメディアWEB会員(無料)って?

会員登録いただくと、次の特典があります。

●特典1:動画や実践のコツなどの「限定コンテンツ」が見られる!

●特典2:勉強会や指導・説明などで使用できる資料がダウンロードできる!

●特典3:ケアに関する情報をメールで受け取れる!