ニュース

2018/4/6

女性オストメイトならではの悩みや生活情報を知るために

若い女性オストメイトの会「ブーケ」は、若い年代の女性だからこそ抱えるストーマの悩みを皆で話すことで支え合うことを目的として、平成11年にスタートした。現在は全国で400名を超える会員がいる。同会の会誌「Bouquet」56号が発刊されたので、その内容を紹介しよう。

「悩み&質問コーナー」では、「ストーマの周りに便が貼り付くことが多く始末しにくくて困っている。パウチの中で便を固めるものがあったら教えてほしい」という質問に対して、皮膚・排泄ケア認定看護師(WOCN)から次のような回答が寄せられている。
①食生活の見直し:年齢とともに腸の働きも衰えてくるため、まずは食生活を見直すこと。
②便を固めるもの:ダイヤモンド消臭・吸収ゲル化剤(コンバテックジャパン)、Aキャッチ(エイパック)は、高分子吸収ポリマーが水分を吸ってゲル状にしてくれるため、パウチ内に入れておくことで水様下痢便では効果が高い。
③消臭潤滑剤:デオール消臭潤滑剤(コロプラスト)、アダプト消臭潤滑剤(ホリスター)、Panasonic nioff(ニオフ)消臭潤滑剤(コンバテックジャパン)などの製品をあらかじめパウチの中に入れておく。

また、「仕事&子育て」というコーナーでは、女性オストメイトならではの意見が収載されている。
「介護福祉士として勤務しています。入社時にカミングアウトするか悩み、最初は管理者のみにオストメイトであることを伝えていました。でも、交替勤務のため常に管理者がいるわけではなく、急な交換のときに誰にも言わないまま現場を離れることができなかったので、全員に話をしてもらうことにしました。・・・誰か1人だけにでもカミングアウトをしておけばもう少し楽しく仕事ができたのかな?と今は思っている。」
「今の私の目下の悩みは『ストーマのこと、子どもにどう説明するのか』です。普段は、私が息子をお風呂に入れているのですが、『ママ、なんでお腹に袋つけてるの-?!』って笑われたことがあります。ついとっさに、『それはママのヒミツのことだから言わないでね』って答えてしまいました。」

その他、「ガスの音への対処法」や「障害者控除、医療費控除申告していますか?」など、生活に役立つ情報がきめ細かく掲載されている。女性オストメイトの生の声を聞くことができ、生活の実際が見えてきて興味深い。オストメイトに接する医療従事者ならばぜひ目を通しておきたい。

詳しくは、下記のブーケWebサイト参照
http://www.bouquet-v.com/info.html

アルメディアWEB会員(無料)って?

会員登録いただくと、次の特典があります。

●特典1:動画や実践のコツなどの「限定コンテンツ」が見られる!

●特典2:勉強会や指導・説明などで使用できる資料がダウンロードできる!

●特典3:ケアに関する情報をメールで受け取れる!