ヒントや気付きが得られる実践ケアの情報サイト

COVID-19対応も基本は同じ!
高齢者施設での感染対策の実際

医療法人社団三喜会 鶴巻温泉病院
看護部長/感染管理認定看護師
小澤美紀

2021年2月公開

Part10日常ケア場面での感染防止策②:食事ケア・経管栄養(胃ろう含む)

1.食事介助(食事ケア)

1準備

介護者が汚染した手で食事介助を行うと、食べ物を介して入所者に感染させてしまう危険があるため、食事介助の前は必ず液体石けんと流水による手洗いを行います。
食事の前に排泄をすませておく入所者であれば、入所者も液体石けんと流水による手洗いを行います。

2実施

食事中に入所者がむせこむと介護者は飛沫を直接受ける危険が高いため、介護者はマスクを着用します。衣類まで汚染が予測されるときは、エプロンを着用します。食事介助用として布エプロンを使用している場合は、さらにその上からビニールエプロンを着用するか、布エプロンは配膳・下膳のときだけ着用することが感染対策になります。

介助者は、対面に座ると威圧感を与えてしまうとともに、入所者がむせこんだときに正面から飛沫を浴びてしまいます。そのため、介助者は「ななめ後ろ」から飲み込みの様子を観察しながら行います。
食事介助の途中でコール対応等、違うケアを行った場合は、あらためて手指衛生を行います。

アルメディアWEB会員(無料)って?

会員登録いただくと、次の特典があります。

●特典1:動画や実践のコツなどの「限定コンテンツ」が見られる!

●特典2:勉強会や指導・説明などで使用できる資料がダウンロードできる!

●特典3:ケアに関する情報をメールで受け取れる!