痂皮

読み方:カヒ

English:crust、scab

俗に「かさぶた」と言われる、皮膚の表面にできる乾燥した赤黒色の血栓のこと。損傷を受けた皮膚は、血管の収縮により出血量を減らすとともに、血小板や赤血球を集めて血栓を作り傷口をふさぐ。その後、血小板から分泌されるフィブリンが、血小板や赤血球などを絡め取りながら凝固して痂皮ができる。皮膚欠損創では創面が乾燥するため痂皮が形成されやすい。

医療・ケア用語集トップに戻る

アルメディアWEB会員(無料)って?

会員登録いただくと、次の特典があります。

●特典1:動画や実践のコツなどの「限定コンテンツ」が見られる!

●特典2:勉強会や指導・説明などで使用できる資料がダウンロードできる!

●特典3:ケアに関する情報をメールで受け取れる!

ALMovie「予防的スキンケアのポイント」