ストーマ・ライフ メニュー

ストーマ合併症を知っておこう
脱出

脱出は、咳やくしゃみなどでおなかに圧力がかかった際に、ストーマの腸管が異常に飛び出した状態のことです(図1)。

図1 脱出

ストーマの造設の際に、切り離した腸管が長過ぎたり、筋膜やおなかの皮膚のストーマ孔が大きすぎたりすることによって起こります。また、腹直筋が弱ってきたり、慢性的な咳、子どもの場合は泣いたりすることによって、おなかに強い力がかかることも原因となります。

寝た状態になることで脱出した腸管がすぐに戻り、便秘や腹痛を伴わなければ緊急性はなく、医師の判断によって経過観察でも問題はありません。

脱出した腸管が寝た状態でも戻らない場合は、循環障害を併発して腸管の拡張、さらに進行すると腸管の壊死に至る場合があるため、すぐに医療機関を受診しましょう(図2)。

図2 脱出した腸管がもとに戻らなくなり、血流障害を起こしている状態