ストーマ・ライフ メニュー

ストーマと長くつきあうために
ストーマ外来を利用しよう

ストーマ外来とは

退院後のストーマ保有者の方々(オストメイト)の快適な生活をサポートするために、さまざまな病院でストーマ外来が開設されています。ストーマ外来では、皮膚・排泄ケア認定看護師(WOCN:ウォックナース)や、ストーマケアに関して豊富な知識や技術をもっている看護師が、患者・家族のさまざまな相談に応じてくれます。ストーマ外来では、医師や他種職とも連携して専門的な知識に基づくストーマケア方法などさまざまな情報を教えてくれ、症状の改善や日常生活上のさまざまな困ったことに対して適切な助言をもらうことができます。

手術を受けた病院にストーマ外来があるかを確認し、ない場合はストーマ外来のある医療機関をご紹介いただくか、一般社団法人 日本創傷・オストミー失禁管理学会のホームページに最新のリストが載っていますので参考にしてください。
http://www.jwocm.org/web_stomacare/clinic.php

ストーマ外来でのサポート内容

ストーマ外来で相談できる内容は、主に以下のようなものです。

- 術前のストーマの説明とマーキングの実際
- 退院後の定期検診
- セルフケアの方法(自然排便法、灌注排便法、装具交換方法、スキンケア方法、ドレーン管理など)
- 装具、ストーマケア用品についての情報提供と選択の基準
- ストーマの合併症予防、ストーマ周囲のスキントラブルへの対処法
- 日常生活上のさまざまな問題
- 排尿、性機能障害の相談(必要があれば関連科への紹介)
- 社会保障制度の使い方、手続きの仕方など
- 患者会の紹介
- ストーマをもっている方で病院に来られない方に対しては、開業医や訪問看護ステーションの紹介