ストーマ・ライフ メニュー

知っておきたいストーマのセルフケア方法
装具交換

ストーマ装具は定期的に交換を行います。食後は腸の働きが活発になり便が出やすので、食後を避け食前や食間に装具交換します。

装具交換は看護師やホームヘルパー(平成23年から介護職も行えることになりました)と一緒に行う場合もありますが、ご自分でできる交換方法を知っておく必要があります。交換の際は皮膚障害が起こりやすいため、常に皮膚の観察を行いながらやさしく行います。

装具交換の手順

1.必要物品の準備を行う(図1)。

図1 必要物品

図1 必要物品

粘着剥離剤

処置シーツ

ノギス

ゲージ

はさみ

洗浄剤(洗面器)

ビニール袋

手袋

ロールガーゼ、ガーゼ、
不織布など

交換用装具

図1 必要物品

2.装具交換前にストーマ装具内の排泄物を処理する。

便を捨てる(動画)

尿を捨てる(動画)

排泄物処理の際に着衣を汚さないように注意する。上着はストーマにかからないように、洗濯ばさみなどで止めておくとよい。また、皮膚の露出を少なくするためバスタオルなどを用いる(図2)。

図2 排泄物処理の際の工夫

3.粘着剥離剤を使用する(図3)

装具を剥がす(動画)

片方の手で粘着剥離剤を持ち、面板貼付部と皮膚の間になじませるようにつけていく。

図3 粘着剥離剤の種類
(左:ワイプタイプ 右:スプレータイプ)

4.やさしく装具を剥がす。

装具を剥がす(動画)

もう片方の手で装具を持ち、ゆっくりと皮膚から剥がしていく。正中創(手術で切開した部分)やドレーン挿入部が排泄物により汚染されないように、剥がす方向にも注意する(図4)。

図4 剥がし方
正中創を汚染しないように、正中側から外側に向けて剥がしていく

5.剥がした後の面板の溶解や膨潤を観察する。

装具を剥がす(動画)

ストーマ周囲のしわやくぼみの状況、排泄物の潜りこみ状況を見る(図5)。

図5 剥がした面板の裏側を確認し、面板の溶解や膨潤の程度を見る
<注>皮膚保護剤は水分を吸収すると溶解・膨潤する性質があるため、しわやくぼみによる排泄物の潜りこみが確認できる。

6.面板を半分に折り貼り合わせて臭気漏れを予防する。

7.装具をすみやかにビニール袋に入れて封をする。(→ストーマ装具の処理(廃棄)へ

8.ストーマ周囲皮膚を洗浄する(図6)。

洗浄剤をよく泡立て、泡で汚れを包み込んでいく。ゴシゴシ擦らず泡をなでるようにストーマ周囲皮膚を洗浄する。

排泄物が出てくるため、ストーマにガーゼなどを当てておく

図6 周囲皮膚の洗浄のしかた

9.洗浄剤の成分が残らないように拭き取る。

十分な量の微温湯で洗い流すか、ガーゼや不織布などを濡らしたもので3~4回押さえる。ストーマ周囲を触り、べたつきがないか確認する。

10.皮膚保護剤貼付部と皮膚保護剤貼付外周部の体毛を処理する。

長い体毛ははさみで切るが、体毛が多い場合は女性用電動シェーバー等を利用する。かみそりは使用しない。

11.ストーマサイズを計測する(図7)

ストーマサイズの計り方 ゲージ使用時

12.面板を準備する。

面板を切る(動画)

計測したサイズに合わせ、面板裏側の剥離紙に線を引く(図8)(術直後は浮腫が生じるためこの線よりも10mm程度大きめに印をつける)。

線に合わせ面板を切っていく。はさみは刃の根元を使用し面板を回しながら切ると、切り口がギザギザせず切りやすい。
<注> 装具の径は、ストーマの実寸より1-2mm大きめに開ける。

面板の裏側に計測したサイズに合わせて線を引く

図8 面板の裏側に計測したサイズに合わせて線を引く

13.装具を貼付する(図9)

装具を貼る(動画)

再度排泄物や粘液を拭き取り、ストーマ周囲皮膚が乾いていることを確認する(水分や油分が残っていると剥がれや漏れの原因となる)。

ストーマ装具の排出口が閉じていることを確認する。

面板裏側の剥離紙を剥がし、腹部のしわを伸ばして装具を貼付する。ストーマ近接部をしっかり押さえ、その後外周に向かって密着させていく。皮膚保護剤が皮膚になじむよう全体を軽く押さえ、その後もしばらくは安静にする。

図9 ストーマ周囲のしわを伸ばし、装具を貼付する。貼付後まず近接部をよく押さえる

参考文献

1.ストーマリハビリテーション講習会実行委員会編:ストーマリハビリテーション-実践と理論.金原出版,東京;2006:127,144.

2.日本ET/WOC協会編:ストーマケア エキスパートの実践と技術.照林社,東京;2007:5-11.

3.徳永恵子編:ストーマ・セルフケア実践指導マニュアル.メディカ出版,大阪;2004:116-121.