ストーマケア・ナーシング メニュー

社会的・経済的支援(社会福祉制度)
日常生活用具の給付券申請

永久的なストーマを保有し、身体障害者手帳の交付を受けた人は、日常生活用具(ストーマ用品)の給付を申請することができる(障害者自立支援法)。

給付の基準額は、消化管ストーマ装具(蓄便袋)8,858円/月、尿路ストーマ装具(蓄尿袋)11,639円/月が平均的なものであり、市区町村ごとに異なっている。

これらはストーマ1つに対する給付額であり、ストーマの数だけ給付を受けることができる。しかし、所得制限があり高所得者は給付を受けられない場合がある。給付に当たり自己負担は原則として基準額の1割となっているが、市区町村の裁量に任されている。基準額を超える場合は、ストーマ装具販売業者に自己負担分と基準額超過分を合わせて支払う。

国が日常生活用具の排泄管理支援用具として認めているストーマ用品は表1に示したようなものであるが、市区町村によっては一時的なストーマを保有し身体障害者手帳がなくても給付券のみ申請できるところもあるため確認が必要である。

また、永久的ストーマだけでなく一時的ストーマについても日常生活用具(ストーマ用品)の給付を受けられる市区町村があるため、確認したほうがよい。

表 1 給付対象となりうるストーマ用品(対象用品は市区町村で異なる)

ストーマ袋、面板、皮膚保護剤(練状・粉状・板状・用手成形皮膚保護剤)、固定用ベルト、サージカルテープ、コンベックスインサート、サージカルテープ、剥離剤、皮膚被膜剤、レッグバック、夜間蓄尿袋、パウチカバー、ストーマ用ハサミ、消臭剤

日常生活用具の給付申請手続きは以下の手順で行う(図1)

STEP1 見積書を依頼
身体障害者手帳が交付されたら、指定のストーマ装具販売業者に見積書を依頼する。
STEP2 申請書類を提出
住民票のある市区町村役所の福祉課窓口に、身体障害者手帳、印鑑、見積書、源泉徴収書または確定申告書などを持参し、日常生活用具給付申請書に記入・捺印して提出する。
STEP3 給付券を受け取る
市区町村役所から給付券を受け取る。
STEP4 装具を依頼し受け取る
ストーマ装具販売業者へ給付券を渡しストーマ装具を依頼する。
STEP5 請求書に基づき支払
装具納入時、請求書に基づき自己負担額を支払う。

図1 日常生活用具給付券申請の手順

*市区町村によっては、申請に必要な書類や手順・内容が異なる場合があるため、身体障害者手帳の申請時に、日常生活用具の給付申請について確認してもらうように説明する。

*給付券は市区町村によって、年間2~6か月ごとに分けて給付している。

参考文献

1.松原康美:ストーマケアの実践.医歯薬出版株式会社,東京,2007:41-43.

2.埼玉ストーマリハビリテーション講習会実行委員会 編:埼玉リハビリテーション講習会テキスト(第4版).埼玉,2013:109.