ストーマケア・ナーシング メニュー

社会的・経済的支援(社会福祉制度)
障害年金

年金には老齢年金・障害年金・遺族年金があり、基本的に受けられるのはいずれか一つである。

障害年金は、その障害が年金制度における障害認定基準に達している場合に支給される。身体障害者手帳の認定基準とは異なっている。年金に加入している人が、病気やけがが原因で障害を有することになった場合、国民年金加入者では障害基礎年金、厚生年金加入者では障害厚生年金、共済年金加入者では障害共済年金が支給される(表1)。

表 1 障害年金の種類と申請窓口

対  象 国民年金加入者
国民年金加入者
厚生年金加入者
厚生年金加入者
共済年金加入者
共済年金加入者
種  類 障害基礎年金 障害厚生年金 障害共済年金
申請窓口 国民年金課 年金事務所

障害年金は65歳未満で老齢基礎年金の受給者でない方が対象になり、次の3つの要件をすべて満たしている必要がある。
(1) 国民年金や厚生年金に加入しているとき(被保険者期間)に、原因になった病気の初診日があること
(2) 障害認定日注1もしくは現在において、一定の障害の状態であること(表2)
(3) 保険料納付要件

「人工肛門造設や尿路変更術施行の場合」、「完全排尿障害になった場合」の障害認定を行う時期は、それらを行った日から6か月を経過した日、「新膀胱を造設した場合」はその日となっている(初診時から起算して1年6か月を超える場合を除く)。

*注1 障害認定日:障害の程度の認定を行うべき日のこと

請求する傷病の初診日から起算して1年6月を経過した日、または1年6月以内にその傷病が治った場合においては、その治った日(その症状が固定し、治療の効果が期待できない状態に至った日を含む。)をいう。ストーマ保有者は手術を受けた日をいう。

障害年金申請の窓口は、初診日に国民年金加入の場合は市区町村の国民年金課であり、初診日に厚生年金や共済年金加入の場合は年金事務所となる。

申請の手続き(図1)は、窓口に年金手帳・印鑑・身分証明書をもって行き、請求要件に該当するか否かを相談のうえ、請求に必要な書類一式を受け取る(このとき、病歴を書いたものを用意しておくとよい)。診断書は医師に依頼し、その他の必要書類等を用意し窓口へ申請する。認定までには、数か月かかる。

障害等級は1級、2級、3級の認定がある。永久ストーマ造設を受けた場合、障害等級3級に認定されるが、3級は厚生年金・共済年金にのみ設定されており、基礎年金では該当しない。

消化管ストーマと尿路ストーマの両方を造設した方や、ストーマがありさらにその他の障害がある方は2級以上の対象となる場合がある。

ストーマ保有者の場合、手術を受けたその日が障害認定日となる。詳細に関しては、各窓口に問い合わせを行ってもらう。

参考文献

1.片岡ひとみ:オストメイトを支える社会資源.泌尿器ケア 2007;12:47-49.

2.日本年金機構ホームページ.
http://www.nenkin.go.jp/n/www/index.html
2014.10.20.アクセス

表 2 認定の程度と状態

障害の程度 障害の状態
1 級 身体の機能の障害により日常生活の用を他人の介助を受けなければ、ほとんどすることができないもの
2 級 身体の機能の障害により日常生活が著しい制限を受けるか、または日常生活に著しい制限を加えることを必要とするもの
必ずしも他人の助けを借りる必要はないが、労働により収入を得ることができないもの
3 級 身体の機能に労働が制限を受けるか、または労働に制限を加えることを必要とするもの
*ストーマ造設は3級に該当する

日本年金機構ホームページ 一部改変 
http://www.nenkin.go.jp/n/www/index.html

図 1 障害年金の申請手順

STEP1 窓口に行き請求要件に該当するか相談

※請求要件に該当していた場合

STEP2 請求に必要な書類を受取る
STEP3 診断書を医師に依頼
STEP4 必要書類を用意し窓口へ申請

日本年金機構ホームページ 一部改変 
http://www.nenkin.go.jp/n/www/index.html