ガイドラインに基づく まるわかり褥瘡ケアガイドラインに基づく まるわかり褥瘡ケア

アルメディアWEB会員限定 ダウンロード数 第1位の「褥瘡を防ぐために一番大事な体圧管理」 要約資料(PDFファイル)ダウンロード アルメディアWEB会員限定 ダウンロード数 第1位の「褥瘡を防ぐために一番大事な体圧管理」 要約資料(PDFファイル)ダウンロード

Part3 褥瘡(じょくそう)のさまざまな分類を知る

DESIGN-R®について知っておこう

 2002年、わが国の診療報酬上初めてのペナルティシステムである「褥瘡対策未実施減算」が実施されました。これは、病院でチームによる適切な褥瘡医療が行われないと診療報酬で減算されるというものです。わが国の医療においてチーム活動が積極的に推進される契機となったイベントでした。そのため、各病院に多職種からなる「褥瘡対策チーム」が組織され、多角的な褥瘡対策が実施されました。このように、多くの専門職が褥瘡にかかわるようになったとき必要なのが、「褥瘡を評価する」ための共通のツールでした。これまでも先に示したような褥瘡の深達度分類はありましたが、どれも一長一短で、わが国の褥瘡対策に合ったものはなかなかありませんでした。そこで、日本褥瘡学会が開発したアセスメントツールが「DESIGN®」です。

 DESIGN®は、Depth(深さ)、Exudate(滲出液)、Size(大きさ)、Inflammation/Infection(炎症/感染)、Granulation(肉芽組織)、Necrotic tissue(壊死組織)の頭文字を組み合わせて命名されました。さらに、ポケットがある場合は「-P」を付けます。DESIGN®では、各項目の点数を合計して重症度を見ます。そして合計点が少なくなれば褥瘡は改善されていることになります。

 DESIGN®には、「重症度分類用」(表1)と「経過評価用」の2種類があります。

「重症度分類用」により、褥瘡の大まかな病態が評価でき治療方針を決定できます。そして、「経過評価用」で点数を追うことによって治療・ケアの評価ができ、治癒に向かっているかどうかを判断できます。DESIGN®は、小文字から大文字になるにつれて褥瘡が重くなっていきますから、治療のためには各項目の「大文字を小文字」にしていくアプローチを行えばいいことになります。

 しかし、最初に開発されたDESIGN®の褥瘡経過評価用には問題がありました。同じ褥瘡で点数を付けていってその合計点の変化で治療経過を見るのはよかったのですが、2つの違う褥瘡の合計点で比較してもこれらの褥瘡の「重い・軽い」が判定できないのです。例えば、「中等度の滲出液(e2)」と「硬く厚い密着した壊死組織(N2)」では、同じ2点でも軽度と重症度の違いがありました。

 そこで2008年、「経過」を見ることができると同時に「重症度」も見られるように、DESIGN®の改良が行われ、点数の重み付けが行われました。それがDESIGN-R®です。「R」は「rating」の略です。現在最新のものは2013年に示されたDESIGN-R®で、3つの脚注が付いています(表2)。後述しますが、特に注意しなければならないのは合計点に「D(d):深さ」の点数を足さないことです。ここを間違える人が多く、点数が高くなってしまいますので注意してください。

表1 DESIGN®重症度分類用

表1 DESIGN®重症度分類用

表2 DESIGN-R®経過評価用

表2 DESIGN-R®経過評価用

「Part3 褥瘡のさまざまな分類を知る」の資料をダウンロード

会員登録(無料)をすると、各章の勉強会等で使える便利な要約版資料がダウンロードできます。

重要なお知らせ