ガイドラインに基づく まるわかり褥瘡ケアガイドラインに基づく まるわかり褥瘡ケア

アルメディアWEB会員限定 ダウンロード数 第1位の「褥瘡を防ぐために一番大事な体圧管理」 要約資料(PDFファイル)ダウンロード アルメディアWEB会員限定 ダウンロード数 第1位の「褥瘡を防ぐために一番大事な体圧管理」 要約資料(PDFファイル)ダウンロード

Part1 褥瘡(じょくそう)はどうしてできる? どう治す?

キズはどうやって治る?

 正常なキズ(創傷)はどのような経過を経て治るのでしょうか。一般的に、受傷から治癒までは、以下のステージで経過するといわれています(図9)。

  1. ①出血凝固期(止血期):出血による凝固塊が欠損をふさいで止血する時期。
  2. ②炎症期:炎症性細胞(好中球、単球、マクロファージなど)が傷に遊走して、壊死組織や挫滅組織などを攻める時期。
  3. ③増殖期:線維芽細胞が周辺から遊走して、細胞外マトリックスを再構築し、血管新生が起こり、肉芽組織が形成される時期。
  4. ④再構築期(リモデリング期):コラーゲン産生が十分になって線維芽細胞が減少して瘢痕が軽微になる時期。表皮細胞が遊走して創が収縮・閉鎖される。

 これらの経過を順調に進めば、創傷は治るといわれています。褥瘡も「創傷」ですから、これらのステップを確実に踏んで治癒を促進することが必要です。治りにくい褥瘡は、こうした治癒過程のどこかに障害が出てきます。その原因は循環動態であったり感染や栄養などの全身状態であったりと、非常に複雑です。さまざまな因子を的確に判断して、トータルなアプローチを行っていかなければなりません。

図9 創傷の治癒過程

図9 創傷の治癒過程

市岡滋:創傷治癒の臨床.金芳堂,京都,2009:5.より引用

「Part1 褥瘡はどうしてできる? どう治す?」の資料をダウンロード

会員登録(無料)をすると、各章の勉強会等で使える
便利な要約版資料がダウンロードできます。

重要なお知らせ