ガイドラインに基づく まるわかり褥瘡ケアガイドラインに基づく まるわかり褥瘡ケア

アルメディアWEB会員限定 ダウンロード数 第1位の「褥瘡を防ぐために一番大事な体圧管理」 要約資料(PDFファイル)ダウンロード アルメディアWEB会員限定 ダウンロード数 第1位の「褥瘡を防ぐために一番大事な体圧管理」 要約資料(PDFファイル)ダウンロード

Part5 褥瘡(じょくそう)を治すための基本的な知識

「感染」をうまくコントロールするには

 細菌が創部に侵入して創感染が起こると、発赤、腫脹、熱感、疼痛の炎症症状(4つの炎症症状)が生じます。感染が局所から全身に及ぶと敗血症や菌血症となり、全身状態が悪化します。

 細菌と創傷の関係は、以下の4段階に分類されます(図9)。

①Wound contamination(創汚染)

②Wound colonization(保菌状態、定着)

③Critical colonization(臨界的定着)

④Wound infection(創感染)

図9 感染の4段階

Wound contamination
創汚染

創に細菌が存在するだけで増殖しない状態

図9 感染の4段階:創汚染

Wound colonization
定着

増殖能をもつ細菌が創に付着しているが、創(宿主)に害を及ぼさない状態

図9 感染の4段階:定着

Critical colonization
臨界的定着

wound colonizationよりも細菌数が多くなり、創感染に移行しそうな状態、あるいは炎症防御反応により創治癒が遅滞した状態

図9 感染の4段階:臨界的定着

Wound infection
創感染

増殖する細菌が組織内部に侵入して創(宿主)に実害(深部感染)を及ぼす状態

図9 感染の4段階:創感染

日本褥瘡学会編:褥瘡ガイドブック-第2版.照林社,東京,2015:68.より引用

 感染は褥瘡の悪化要因の1つで、難治性褥瘡の原因です。感染による炎症状態が続いていると良性肉芽は増生されません。そのため、感染・炎症が生じている場合は、感染コントロールを優先して行う必要があります。

 壊死組織が残っている状態のままで感染創に対して薬剤を使用しても感染コントロールはできません。まず、壊死組織の除去、ポケット内の清浄化を行う必要があります。清浄化は、十分な量の生理食塩水や水道水を用いて創内を洗浄します。洗浄によって創表面に付着した細菌類を除去します。さらに、ドレッシング材交換の度に創と創周囲の皮膚の洗浄を行います。洗浄には適度な圧をかける必要があります。圧力が弱すぎると細菌を十分に洗い流せませんし、強すぎると組織を損傷したり、細菌を組織の奥に押し込んでしまう危険性もあります。

 また、感染・炎症を伴うときは一般的にはドレッシング材の使用は避けます。ただし、銀含有のドレッシング材を使用することはあります。

 外用薬としては、感染徴候が明らかな場合は、カデキソマー・ヨウ素、スルファジアジン銀、ポビドンヨード・シュガーを使用します。感染が落ち着いたら使用を中止することが必要です。

 消毒薬の使用については、従来は細胞障害性から使用を控えるという考え方が主流でした。2009年のNPUAP/EPUAPガイドラインでは、明らかな感染の徴候がある場合は消毒薬の使用を認めています。わが国のガイドラインでも、「基本的には洗浄のみで十分であるが、明らかな感染が認められ、滲出液や膿苔が多いときは創部の消毒を行ってもよい。ただし、創部に高濃度で消毒剤が滞留しないように消毒後は洗浄する」とされています。

「Part5 褥瘡を治すための基本的な知識」の資料をダウンロード

会員登録(無料)をすると、各章の勉強会等で使える便利な要約版資料がダウンロードできます。

重要なお知らせ