ガイドラインに基づく まるわかり褥瘡ケアガイドラインに基づく まるわかり褥瘡ケア

アルメディアWEB会員限定 ダウンロード数 第1位の「褥瘡を防ぐために一番大事な体圧管理」 要約資料(PDFファイル)ダウンロード アルメディアWEB会員限定 ダウンロード数 第1位の「褥瘡を防ぐために一番大事な体圧管理」 要約資料(PDFファイル)ダウンロード

Part1 褥瘡(じょくそう)はどうしてできる? どう治す?

治りやすいキズ、治りにくいキズ

 褥瘡はその発生機序や要因から「創」ではなく「瘡」で表記されることになったと述べました。しかし、「創=キズ」であることも事実で、褥瘡は「慢性創傷」の1つと考えられています。そのため、褥瘡を治すためには、「創傷」であることをふまえて、治療のアプローチを考えていく必要があります。

 創傷は「急性創傷」と「慢性創傷」とに分けられます。急性創傷というのは、外傷や手術創など、短期間で治癒する創傷です。5~7日ほどで抜糸が行われ、5~14日で治癒に至ります。つまり、正常な創傷機転がはたらき、治癒が期待できる創傷を「急性創傷」といいます。

 一方、褥瘡や糖尿病足病変など、治癒するまでに時間がかかる創傷を「慢性創傷」といいます。つまり「何らかの原因によって正常な創傷治癒機転がはたらかない創傷」のことです。

 簡単に言うと、「正常な治癒機転がはたらいて」「5~14日で治る」「治りやすいキズ」が「急性創傷」、「正常な治癒機転がはたらかないで」「数週間~数か月で治癒するか・それとも治癒しない」「治りにくいキズ」が「慢性創傷」です(図8)。

図8 急性創傷と慢性創傷

図8 急性創傷と慢性創傷

「Part1 褥瘡はどうしてできる? どう治す?」の資料をダウンロード

会員登録(無料)をすると、各章の勉強会等で使える
便利な要約版資料がダウンロードできます。

重要なお知らせ