ガイドラインに基づく まるわかり褥瘡ケアガイドラインに基づく まるわかり褥瘡ケア

アルメディアWEB会員限定 ダウンロード数 第1位の「褥瘡を防ぐために一番大事な体圧管理」 要約資料(PDFファイル)ダウンロード アルメディアWEB会員限定 ダウンロード数 第1位の「褥瘡を防ぐために一番大事な体圧管理」 要約資料(PDFファイル)ダウンロード

Part4 褥瘡(じょくそう)を防ぐために一番大事な体圧管理

「サポート・サーフェス」によるマットレスの定義

 「サポート・サーフェス(Support surface)」というのは、NPUAP(米国褥瘡諮問委員会)が2006年に提唱したというマットレスの新しい定義です。この定義が、次の項で述べる「圧再分配」という概念につながります。

 サポート・サーフェスは以下のように定義されます。

「サポート・サーフェスとは、組織への外力を管理するための圧再分配、寝床内環境調整、その他の機能を特別に設計された用具である。具体的には、ベッドと一体となっているマットレス、交換マットレス、上敷きマットレスである。あるいは、座位クッション、または上敷き座位クッションである」

 これまでのマットレスは、褥瘡発生予防の観点から、「32mmHg」という毛細血管閉塞圧値を用いて2つに分かれていました。それが、「除圧(pressure relief)」「減圧(pressure reduction)」という分類です。除圧ができるマットレスとは、「どの体位においても」「どの身体部位においても」体に加わる圧力を32mmHg未満に管理できるものでした。減圧ができるマットレスとは、常に32mmHg未満に管理できる機能はないけれど、標準マットレスと比較すると体にかかる圧力を低く管理できるものです。しかし、どのマットレスにおいても全患者に対して除圧あるいは減圧が提供できているという根拠はなかったため、新たに「圧再分配(pressure redistribution)」という概念が提唱されました。

「Part4 褥瘡を防ぐために一番大事な体圧管理」の資料をダウンロード

会員登録(無料)をすると、各章の勉強会等で使える便利な要約版資料がダウンロードできます。

重要なお知らせ